2016-07-23

ポケモンGO(Pokemon GO)が英語で表記される!言語設定を英語にした結果。地域活性化やインバウンド旅行の起爆剤にも。

どうも、羽山です。

ポケモンGO、ついに日本でも配信開始ですね!
大人も子どももちょーハマりまくり!
僕も既にハマりました!

配信直後、あまりにも沢山の人がアクセスしたのか、サーバーがパンクしたのか、しばらくつながらないようでした。本当に社会現象ですね!

初体験の気づきをご紹介します!

言語設定を英語に。馴染みのポケモンの名前が英語表記に。

言語設定を変えると、英語になります。
最初、イタリア語のケータイだから特別なのか!やったーと思ったのですが、端なる言語設定の問題でした。ゼニガメが「Squirtle」とかいう名前になったりします。
逆に、今後、Pokemonが海外で流行ると、日本語の名前がある意味、独特に感じられるかもしれませんね(笑)

Yasu Buongiornoという名前にしましたw 
ゼニガメがこんな名前!
ゲットしたポケモン図鑑

今後の期待!ポケモンGoが、地域活性化や、日本へのインバウンド旅行客の起爆剤に!

これ、地域独自のポケモンやアイテムがあれば、確実に地域活性化に繋がるよね。面白い!栃木県の日光限定のアイテムとか。

それから、ポケモンの本国、日本にしかないポケモンやアイテムなどの限定版も面白いですよね!例えば、イーブイは日本のポケモンセンターでしかゲットできない、とか。
逆に、イーブイの進化をさせる上で、イタリアならではの進化のさせ方がある、とか。
そうすると、日本でイーブイをゲットして、イタリアにいって、独自の進化のさせ方をさせたり、交換したりなど、面白い社会の交流が生まれるかもしれませんよね!

これは色々妄想するだけでもワクワクしますね!

こんな施策を通じて、日本の旅行のインバウンド市場も活性化するのでは?

東京オリンピック限定とか、イベント限定も面白いかもしれませんね!

Ciao ciao!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。